武野純一教授 Prof. Jun'ichi Takeno

takeno

生活信条は「人を愛すること」です。でも誤解しないでください、ここには性的意味は有りません。これは、「自分の家族に対するように」との意味です。

趣味は、多彩です。私が最も好きなスポーツは「ヨット」です。 ひとりで海に乗り出す時のわくわくとした気持ちはすばらしいです。 そこで聞こえるものは、帆をふくまらせる風の音と船体の底を打つ波の音。 そこで見えるものは、遠くに見える島かげと広がる海。 残念ですが、ヨットを続けることはできませんでした。

次は「ゴルフ」です。 学生時代は300ヤードをドライブしていました。 得意は、100ヤード近くのピッチングです。 残念ながらこれもやめました。 ゴルフが紳士のスポーツとは思えなくなったからです。

今でも続いているのが「スキー」です。 1975年に「フリ−スタイル スキー」を始めました。 そのころ、日本でやっていた人は数人だと思います。 今でも、モグルにはわくわくします。

家族は、家内と2人の子供です。 子供達は、既に親元から離れつつあります。 寂しいですね。 家内も家庭の雑事が少なくなるに従って、外に出かける日が多くなっています。 健康を維持するために日曜の夕方にスイミングをしています。 スイミングをすると、エネルギーが身体中に充満するように感じます。

大学で考えていることは、いかに学生さんとコミュニケ−ションをとるかということです。 様々なイベントを準備して待ち受けています。

いつでも好きな時にコンタクトして下さい。takeno@cs.meiji.ac.jp

ホームへ

明治大学 理工学部 情報科学科 ロボット科学研究室 意識ロボット 立体映像 データベース 顔表情 思い出